平助さんの冷奴

仕事情報など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべりこみセーフ

ちーっす。平助だよ。

またもや犬の話題だよ。
だいたい漫画のことか犬のことか
明日のゴハンの心配とかをしているよ。




りんごの病名、なんていったか
忘れてたんだけど「停留睾丸」でした。
遺伝する確率が高いうえに、
摘出しないと癌化するのです。

そして犬の手術は基本的に全体麻酔で
おこなわれます。
年齢がいった犬だと、それに耐えられない
場合もあるそうです。

若すぎても駄目だし、気の弱い子だと
麻酔の針を見ただけでショック死して
しまう子もいるんですよ。犬、奥深い。

だもんで物凄く迷いましたが手術することに。
元気な顔を見るまで気が気じゃ
ありませんでしたが、手術後のりんごさんは
ケロリとした顔をしておりました。お前…(二度目)

かかったお医者さんがそれはもう
よいお医者さんで、全身麻酔ついでに
抜歯もおこなってくださいました(子犬に必要)
(別々にやる場合また全身麻酔)
「全身麻酔はリスクが高いので(犬の命的な意味で)
いっしょにやっておきましたから」と。
あとお金もかかりますしね、と。
リスク方面で気を配っていただけて、ああこれは
よいお医者さんだと思いました。

某お医者さんではいきなり助手さんが
りんごを羽交い絞めしたかと思いきや
お医者さんがりんごのお腹に注射をブスーって。
りんご「ギャワーン!!!!!」て。
おのれ…おのれ…!!
さすがにケロリとした顔はせずにぶるぶると
おびえておりました。「ひ、ひどいですよ!
なにすんの!!」と言いたかったけどいえなかった…。

よいお医者さんは虫下し注射のときも
「ワンコが不安になっちゃうから、飼い主さんが
しっかり目をみて、手を添えてあげていてください」と。
逆にそれで不安になっちゃう子もいるから
どっちが正解かはわからないけど、
私はこっちのお医者さんが好きだなと思いました。

そしてまた長い。

どんだけ好きなの?
それはもう好きです。
「この負け犬が!」は誉め言葉です。M的な意味でも。

ところで平助は子供時代に(その時から犬好き)大型犬に
じゃれられて血まみれになったことがあります。
それでも犬が大好きなんですが、めっちゃ愛情深いか、
めっちゃドMなのか、どっちなのだろうかと悩みます。

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

ストライク平助

Author:ストライク平助
もうちょっとだけ生きるんじゃ。





ジャンプSQさんにて
「春風いちばんっ」を
画像つきで紹介して
いただきました。
ひょうたん書店さん、
ありがとうございます!



最近の記事

カテゴリー

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。